出国手続き

出国手続きについて

  日本からの出国手続きの解説。出国手続きは何かと不安なもの。混雑時はチェックインやセキュリティチェック、出国審査などで時間がかかります。慌てることのないよう、時間に余裕を持って行動しましょう。

日本からの出国手続き解説

 海外旅行の準備と注意点Top > 出国手続き
スポンサードリンク
  出国手続き

日本からの出国手続き

海外旅行の第1歩。日本からの出国手続き。まだ日本での手続きなのでスムーズに
進むこととは思いますが、慌てることのないよう、時間に余裕を持って行動しましょう。

〈集合〉
パックツアーですと、集合する場所と時間は決められています。通常、旅行会社から配布されるパンフレットに記載されていますので事前に確認しましょう。集合時間は飛行機の離陸時間の2時間から2時間半前が一般的です。
また、パンフレットと一緒にそのツアーの目印となるステッカーやバッジが同封されていますので、当日はトランクなどの荷物につけておきましょう。

集合場所は混み合うことが多く、また初めてだと特に分かりにくいこともあるため少し早めに到着するようにしましょう。
通常は、この時に航空券が配布されます。(無くさないように注意!)

〈チェック・イン〉
パックツアーの場合は、チェックイン(航空機への搭乗手続き)は係員の人や添乗員が代行してくれます。チェックインは飛行機の離陸2時間前から始まります。

もし自分でチェックインをする場合は、利用する航空機会社のカウンターでパスポートを航空券を提示します。座席の希望がある場合は(窓側・通路側など)この時に伝えます。

預ける荷物を渡し、荷物引き受け証(クレーム・タッグ)を必ず受け取り、航空券とともに紛失しないように保管します。(渡航先の到着ロビーに出るまでしっかり持っていましょう。)

〈税関〉
税関の申請は高価な外国製品を持ち出さない人は対象外です。
高価な外国製品を持ち出す人は、申請を怠ると帰国時に旅行の際に海外で買ったとみなされ課税されてしまう恐れがあるので、きちんと申請しましょう。

対象の人は、「携帯出国証明申請書」に記入し、現物と一緒に提出し、申請書にスタンプをもらいます。これを帰国時まで無くさないように大切に保管しておきましょう。


〈出国審査〉
出入国管理法に基づき、日本から誰がいつ出国したのかを確認します。
ここで必要なものは、パスポート・搭乗券・出入国カードの3点です。
出入国カードは事前に旅行会社から配布されることが多いので、その際に記入しておいた方がスムーズです。(出入国カードは切り離してしまうと無効になってしますので注意しましょう。)

〈手荷物検査〉
犯罪防止のため、手荷物のエックス線検査とボディチェックをうけます。
搭乗券を提示し、荷物をベルトコンベアにのせ、自分は金属探知機のゲートを通ります。

〈搭乗〉
搭乗開始のアナウンスがあるまで、搭乗ゲート前で待ちます。
搭乗が開始されたら、搭乗券を提示し機内に乗り込みます。座席の位置を確認し、席についたらあとは離陸を待つだけです。

 コンテンツ
海外旅行の魅力

ツアーを選ぶ
海外旅行のツアーの選び方
旅行会社の規模
旅行会社の選び方
海外旅行のツアー料金の違い
海外パックツアーの特徴

申請・出入国
パスポートの申請方法
ビザの取得
出国手続き
海外への入国手続き
帰国の準備
海外からの出国手続き
日本への入国手続き

準備&注意点
海外旅行の持ち物リスト
海外旅行で予防接種が必要な国
海外旅行でのお金について
海外旅行でお得な両替方法
海外で便利な免許・証明書
機内で快適に過ごすには
海外旅行の情報収集について
海外旅行で自由時間の過ごし方
海外旅行での言葉の問題
海外旅行での食べ物の問題
海外旅行でのチップの問題
海外のホテルの有効活用
海外旅行の食事のポイント
海外旅行のショッピングのポイント
海外の交通機関について
海外旅行のオプショナルツアー
海外パックツアーの変更
海外旅行の用語集

トラブルが発生したら
海外旅行でトラブルを避けるために
海外旅行保険でトラブル対策
海外旅行保険の請求方法
海外旅行でパスポートの紛失・盗難
海外旅行で現金・貴重品の紛失・盗難
海外旅行で病気・怪我
旅程保証とは?


Copyright (C) 海外旅行の準備と注意点 All Rights Reserved