海外旅行 現金・荷物 紛失・盗難

海外旅行中の現金・荷物の紛失・盗難について

  海外旅行現金・荷物紛失盗難など大切なものを失うのは悲しいもの。海外旅行中に現金・荷物やトラベラーズチェックを紛失したり、盗難にあった場合の対処法の解説しています。

現金・荷物の紛失・盗難にあったら、すばやく対応

 海外旅行の準備と注意点Top > 海外旅行で現金・荷物の紛失・盗難
スポンサードリンク
  海外旅行で現金・荷物の紛失・盗難

〈現金・貴重品の紛失・盗難〉
現金・貴重品を紛失や盗難された場合、ほぼ手元に戻ってくることはないと考え残念ですが、割り切るしかないでしょう。それでも貴重品の場合は海外旅行保険で補償される場合もあります。まずは紛失や盗難にあわないようにしっかりと管理しましょう。
また、現金の紛失・盗難場合は海外旅行保険では補償されません。

万が一現金やクレジットカードの紛失・盗難に遭い旅行継続が困難な場合は、一般的には現地の銀行で口座を新設し、その口座に日本から送金してもらうことになります。
日本の銀行の支店があれば幸いですが、そうでなければできるだけ大きな銀行を選びましょう。

〈トラベラーズチェック(T/C)の紛失・盗難〉
トラベラーズチェック(T/C)は現金とは異なり、紛失・盗難に遭っても再発行が可能です。しかし、紛失・盗難した際の再発行の手続きなどの手間を考えれば、当然ながら紛失・盗難に遭わないに越したことはありません。

万が一、トラベラーズチェック(T/C)の紛失・盗難に遭ってしまった場合は、
トラベラーズチェック(T/C)発行会社の支店や代理店に連絡します。
紛失したトラベラーズチェックの番号を伝え、これを無効にしてもらい同時に再発行の申請をします。(場合によっては、現地警察の盗難(紛失)証明書が必要なこともあります。)

その後、発行会社にパスポートなどの身分証明書と購入時にもらった購入控え書を提出し、再発行となります。

再発行に必要となるトラベラーズチェック(T/C)の購入控え書は紛失・盗難に備え
トラベラーズチェック(T/C)とは別の場所に保管するようにしましょう。


〈飛行機に預けた荷物を紛失されたら〉
飛行機搭乗時に預けた荷物が到着時に紛失されている場合は、ただちに添乗員同行の場合は添乗員に連絡しましょう。と同時に、航空会社係員にも連絡しましょう。その際、荷物の引き受け証と航空券も提示します。

一度、空港の外に出てしまうなどするとその後のて続きに手間取ることもあるので紛失に気が付いた時点で即座に抗議することが大切です。

荷物が見つかった場合に備え、すぐに連絡してもらうよう直接連絡がつきやすい携帯電話等の連絡伝え、場合によっては荷物に入っていたであろう身の回り(下着など)のものを購入する費用を請求できます。

最終的に荷物が見つからなかった場合は、航空会社に荷物分の補償をしてもうらうようになります。また、海外旅行保険の携行品保険にも加入していた場合は保険会社にも請求することができます。

飛行機に預けた荷物を紛失された場合、荷物の引き受け証がないと荷物の補償をしてもらうことができませんので、荷物の引き受け証は手元に荷物が届くまでは大切に保管しておきましょう。

 コンテンツ
海外旅行の魅力

ツアーを選ぶ
海外旅行のツアーの選び方
旅行会社の規模
旅行会社の選び方
海外旅行のツアー料金の違い
海外パックツアーの特徴

申請・出入国
パスポートの申請方法
ビザの取得
出国手続き
海外への入国手続き
帰国の準備
海外からの出国手続き
日本への入国手続き

準備&注意点
海外旅行の持ち物リスト
海外旅行で予防接種が必要な国
海外旅行でのお金について
海外旅行でお得な両替方法
海外で便利な免許・証明書
機内で快適に過ごすには
海外旅行の情報収集について
海外旅行で自由時間の過ごし方
海外旅行での言葉の問題
海外旅行での食べ物の問題
海外旅行でのチップの問題
海外のホテルの有効活用
海外旅行の食事のポイント
海外旅行のショッピングのポイント
海外の交通機関について
海外旅行のオプショナルツアー
海外パックツアーの変更
海外旅行の用語集

トラブルが発生したら
海外旅行でトラブルを避けるために
海外旅行保険でトラブル対策
海外旅行保険の請求方法
海外旅行でパスポートの紛失・盗難
海外旅行で現金・貴重品の紛失・盗難
海外旅行で病気・怪我
旅程保証とは?


Copyright (C) 海外旅行の準備と注意点 All Rights Reserved