オーバーブッキングとは

航空機の座席やホテルの客室で定員以上の予約を受け付けること。
キャンセル客を見越して行われます。

 

 

航空機は、収益を上げるためになるべく満席に近い状態で運行させようとします。
そこで過去の経験値やデータなどをもとに席数より多めの予約を受けるのです。

 

通常は、その中からキャンセルが発生するので結果的に乗客数が席数内に収まります。
ただ、その見込みが狂ってしまったときにオーバーブッキングが生じるのです。

 

オーバーブッキングが生じたときは、運営会社がお客に対し、
他の便への振り替えや翌日の同じ便への振り替えなどをお願いして調整します。
ときにエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレード、逆にビジネスからエコノミーへのダウングレードなどを依頼されることもあります。

 

エコノミーからビジネスへのアップグレードは結構頻繁にあり、無料でアップグレードしてもらえるのでラッキー。

 

お願いはツアー客ではなく、個人で旅している人や時間に余裕がありそうな人に声をかけるようです。

 

他の便への振り替えのお願いに応じてくれた見返りとして3ヶ月間有効のチケットなどがプレゼントされます。
国内線では、フレックストラベラーと呼ばれる制度があり、当日の便に変更した場合10000円、翌日以降の便に変更した場合20000円の協力金が支払われます。