ダイエット 食生活

 
スポンサーリンク

ダイエット中に注意したい食生活

ダイエットをするには最適なな食生活を心がけましょう。
まずは出来るところから始めましょう。

 

 

ダイエットで注意したい食生活

食事はゆっくり食べる

一口で20回ほど噛むようにし、1回の食事は20分程度はかけましょう。
また、食事中に水やお茶をよく飲むようにします。
歯ごたえのあるものをおかずに選ぶのもいいでしょう。

 

腹八分目でやめておく

大皿盛りはやめる。目の前には1人前だけ置きましょう。
料理をたくさん作り過ぎないようにしましょう。
おかわりしたいときは5分程待ってからにするとよいです。

 

テレビや新聞を見ながら食べない

満腹感を正常に戻すまでは食事に集中するようにしましょう。
見ながら食べるときは目の前の料理を少なくしましょう。

 

間食はなるべくしない

間食は極力控えましょう。間食するなら低カロリーのものを選ぶ。

 

朝食をとる

朝食はとるようにしましょう。フルーツと牛乳でもいいです。

 

夜食はやめる

寝る3時間前にはカロリーのあるものを食べない。特に甘いもの、脂っこいものは厳禁。
やたらに冷蔵庫を開けない。
空腹に耐えられないときのために低カロリーのものを用意しておくとよいでしょう。
お酒を飲んだときは特に注意しましょう。

 

1日3食は食べ、まとめ食いをしない

食事時間が不規則になっても1日3食は食べましょう。
2回分の食事を1食にまとめて食べないように。
特に夕食は控えめに。

 

身の回りにお菓子を置かない

お菓子は買わないようにしましょう。家にあるお菓子は見えないところにしまう。

 

甘いものはルールを作って、その範囲内で食べる

例えば「2回食べたくなったら1回食べる」「1週間我慢できたら食べる」
「食べたいときは20分早歩きする」「ケーキは1個の1/3まで」など
あなたに合ったルールをつくりましょう。

 

カロリーのある飲み物は飲まない

紅茶やコーヒーはブラックで飲む。ジュースや缶コーヒーなどの
カロリーを知っておきましょう。

 

できれば禁酒する

飲むなら適量で必ずやめましょう。甘いカクテルなどは高カロリーなので控えましょう。
つまみは低カロリーのものを。

 

脂っこいものはなるべく避け、野菜や海藻類を多くとる

肉は赤身にしたり、フライや天ぷらは衣を残す、ラーメンはスープを残すなど工夫しましょう。
食事の品数を多くするとよいです。

 

インスタント食品、ファーストフードは避ける

インスタント食品の買い置きは控えましょう。それぞれのカロリーを知っておきましょう。

スポンサーリンク