ダイエット停滞期

 
スポンサーリンク

ダイエット中に停滞期が来るのはなぜ!?

ダイエットを続けていると体重が減らない時期を迎えることがあります。
辛いことに耐えているのに体重が減らないとくじけてしまう人も。
ダイエットの停滞期の原因・対策を理解していれば、頑張れる!

 

 

ダイエット停滞期の原因

ダイエットのために食事の量を減らしたり、運動すると、
体は今までため込んでいた体脂肪をエネルギーとして使い始めるので、やせてきます。

 

ところが、ダイエット開始後2~3週間ほどたつと、体はその状態に慣れ、
少ないエネルギーでもやっていけるようになります。
生命を守るために、体は飢えに非常に敏感に対応するようにできていますので、
摂取するエネルギーが少なければ、自然に体が節約を始め、体脂肪が消費されなくなるのです。
それが停滞期で、体重が減らない時期になるのです。

 

しかし、体のエネルギー消費の節約にも限界がありますので、
ダイエットを続けていれば、再び体脂肪を使い始めるのです。

 

 

ダイエット停滞期の対策

ダイエット中、体重が思うように減らないと、あせったり落ち込んだりするもの。
もし停滞期を知らなければ、あきらめてしまうかも知れません。
停滞期でダイエットに挫折しているケースが多いです。

 

ダイエットをしていると停滞期は、必ず何度か起こるものです。
むしろ、これから更に体重が減る前の準備段階とプラス思考で乗り切りましょう。
ここで、あきらめずにダイエットを続ければ、1~2週間で必ずまた体重は減り始めます。

 

また停滞期を短く抑えるには、運動するのがよいでしょう。
停滞期が訪れると、これを乗り越えようと、さらに減食する人がいますが、間違い。
ただし、停滞期が3週間以上続く場合は食べ過ぎている可能性があります。

 

停滞期は、反面ではダイエットが順調に進んでいる証拠。
停滞期を経験して、初めて本当のダイエットが始まったと言えるでしょう。

スポンサーリンク