肥満度 チェック方法

 
スポンサーリンク

肥満度のチェック方法

肥満度をチェックする方法はいろいろあります。
中でも家庭でも手っ取り早く肥満度を知るにはBMIがおすすめ。
これは世界的に使われている標準体重算出法で算出方法も簡単。

 

 

おおまかに肥満を知るための標準体重

肥満かどうかをおおまかに把握するために、よく使われるのが標準体重。
自分の体重が標準体重より一定程度超えているかどうかで肥満かどうかを判定します。
算出法はさまざまありますが、
現在、世界的に使われている標準体重算出法は、BMIによるものです。

 

 

BMIで簡単に判定

BMIは肥満を判定するための体格指数。
このBMIでは、体脂肪率までの測定はできませんが、
体脂肪をある程度反映した肥満チェックができます。

 

BMI=体重[kg]÷身長[m]÷身長[m]

 

例えば、身長160cm、体重62kgなら
 62÷1.60÷1.60=24.218…≒24.2
となります。

 

BMIの値が22になるときを標準としています。

 

BMI     判定
~18   低体重
18~25 普通体重
25~30 肥満(1度)
30~35 肥満(2度)
35~40 肥満(3度)
40~   肥満(4度)

 

 

標準体重でも体脂肪率が正常とは限らない

標準体重だからといって、体脂肪率も正常域とは限りません。
標準体重前後の女性の体脂肪率を測ると、約7割が25%を超えています。

スポンサーリンク