体脂肪率 測定 方法

 
スポンサーリンク

体脂肪率を測定するさまざまな方法

肥満とは体脂肪が多いことを言います。
体脂肪率を測る方法は、大きく2つ。
一つは、体全体で測る全身測定、
もう一つは、体の一部で測った数値から全身の体脂肪量を推し測る部分測定。

 

 

全身測定で体脂肪率

全身測定としては、体密度法とCTスキャンによる方法がよく知られています。
体密度法とは、人間の脂肪と筋肉や骨などそれぞれが一定の密度を持っていることを利用する方法。
体密度は、体重を体の体積で割った値。
そこで体の体積を測るひとつの方法として水中体重法があります。
これは大きな水槽に全身を沈め測る方法です。

 

一方、CTスキャンによる方法は、全身の輪切りの写真を撮り、
その写真から体脂肪の面積を求める方法。

 

 

部分測定で体脂肪率

部分測定は手軽に測ることができます。
主な部分測定には、キャリパー法、生体インピーダンス法(BI法)などがあります。

 

キャリパー法

皮脂厚計という道具で肩甲骨の下の部位と上腕部の2ヶ所の皮下脂肪をはさんで、
厚さを測り、2つの合計値で体脂肪を測定する方法。
はさみ方やはさむ方向によって誤差が出やすいので測定結果にバラつきが出やすいです。

 

生体インピーダンス法

家庭でも手軽に測れる体脂肪測定器。
低価格で体重計のように上に乗って測るタイプや両手で握って測るタイプなどがあります。
⇒体脂肪計を楽天でチェック
こうした器具に備わっている機能が生体インピーダンス法です。

 

生体インピーダンス法は、脂肪のつき方によって変わる体の電気の通りにくさから
体脂肪率を割り出すものです。

 

市販されていて手軽に利用できますが、体内の水分量や血流量の変化によって
体脂肪率が変動しやすいです。
寝起きの状態と風呂上りの手足が湿っている状態では数値が違ってきますし、
食前、食後でも変わりやすいです。
あくまで目安とし、できるだけ測定値が安定する時間帯に計測しましょう。
おすすめは起床直後や就寝前がいいでしょう。

スポンサーリンク