肥満 原因 探す 方法

 
スポンサーリンク

肥満の原因を探す方法

正しいダイエットを行うために実行したいのは、1日の食生活や行動を記録すること。

 

肥満の人は、ほぼ間違いなく生活習慣の中でなんらかの太る原因があります。
ただ自分ではそれに気づいていないことが多いのです。
効率よくダイエットを進めるためにも、その原因をまず突き止める必要があります。

 

本当に食べ過ぎているのか、なぜ食べ過ぎてしまうのか、
どんな食習慣が災いしているのか、どれほど体を動かしていないかなどを
毎日の食生活や行動を記録することで見えてきます。

 

 

脂肪細胞と肥満の関係

脂肪が蓄えられると脂肪細胞は膨らみ、さらに分裂し、
1個の脂肪細胞が2個、3個に分裂し数が増えていきます。これを繰り返すと肥満となります。
脂肪細胞の数は、成人で250~300億個で、肥満と言われる人は400億個以上もあります。
また超肥満の人の脂肪細胞は小豆大の大きさにもなります。

 

 

記録する内容

まず、その日、何時に、何を、どれだけ食べたか?
またどんな状況でどのくらい時間をかけて食べたか?
などを記入します。

 

さらにその日、
どれだけ体を動かしたか(内容、時間)を記入します。
(万歩計などを活用するとより正確に測定できるでしょう)

 

体重の推移も分かるように毎日決まったタイミングで体重を量ります。

 

記録は少なくとも1週間は続けましょう。

 

 

記録を読み返すと肥満の原因が

記録を始めてから1週間後、記録を読み返し、
食事と運動についてじっくり考えてみます。
きっと、意識していなかった自分の食事量や食習慣の問題点などの太る原因を
探し出すことができるはずです。
特に「そんなに食べていないのに太る」「3食バランスよく食べて運動もしているのに太る」と感じている人には得られるものが多いでしょう。
そういう人たちは、食事量より、食べ方に問題があることが多いものです。

 

そして原因となっているクセや悪い習慣を改めていくだけで、
ダイエット効果はぐっとアップするでしょう。

スポンサーリンク