体脂肪 燃焼 有酸素運動

 
スポンサーリンク

体脂肪を効果的に燃焼させる有酸素運動

体脂肪を燃焼させるための運動には有酸素運動と筋力トレーニングがあります。

 

 

直接、体脂肪を燃焼する有酸素運動

息を切らさずにしっかり呼吸できる程度の強さで、
全身の筋肉をゆっくり動かし続けられるような運動。
脂肪は燃えるときに大量の酸素を使うため、体脂肪を燃焼させるには、
体内に絶え間なく酸素をたっぷり、取り込める運動が最適です。

 

具体的な有酸素運動の例として、ウオーキング(速歩)、
ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

 

 

運動開始20分で脂肪燃焼が始まる

運動は筋肉の収縮によって行われます。
運動開始後40秒は酵素のいらないエネルギーが使われます。
次に筋肉内に蓄えられているグリコーゲンの分解によるエネルギーが使われます。
グリコーゲンが使い尽くされると次に血液中のブドウ糖がエネルギー源になります。

 

こうしたエネルギー発生による運動が20分以上続くと、
今度は主に脂肪が分解してできる遊離脂肪酸をエネルギーとして使うようになります。
この段階では大量の酸素が必要となります。

 

つまり体脂肪を効率的に燃焼させるには、20分以上の有酸素運動が
いいということになります。

 

 

運動の頻度

例えば週1回では、体脂肪を減らすまでには至りません。
運動の間隔があくと、それだけ効果が薄れてしまうのです。

 

同じ運動でも効果は1日おきなら90%、2日おきなら70%、
3日おきなら50%、1週間に一度となると20%までに落ちてしまいます。

 

有酸素運動の強さは、軽く汗ばむ程度で、脈拍が1分間に110~120を越えない程度が目安。
脈拍が上がりすぎると酸素の摂取率が悪くなり、脂肪の燃焼効率が悪くなります。
ポータブルな心拍計があると便利です。

スポンサーリンク