体脂肪 減らす 大腰筋トレーニング

 
スポンサーリンク

体脂肪を効果的に減らす大腰筋トレーニング

大腰筋とは上半身と下半身をつなぐ筋肉で背骨や骨盤を支えたり、
太ももを上げるとても重要な筋肉。
体の外側からは触っても確認出来ないインナーマッスルです。

 

大腰筋が衰えると骨盤が傾いてしまったり、正しい姿勢を保つことができず、
猫背になってしまいます。
すると腹筋や背筋も弱まりおなか周りがたるんでしまいます。
さらに内臓が下垂して下腹部が出てきたり、交感神経の働きが低下し、
太りやすい体になってしまいます。

 

 

大腰筋のトレーニング

大腰筋と腹筋を鍛える

1.仰向けに寝て両ひざを曲げ、両手を太ももに置く
2.上体を起こし、両手をひざに近づける
3.10~20回繰り返す
回数がこなせないようなら、背中にクッションやタオルなどを置いてから始めるとよいでしょう。

 

下半身と大腰筋を鍛える

1.イスにつかって背筋を伸ばして立ち、足を肩幅に開く
2.ゆっくり腰を落とし、そのまま立ち上がる
3.5~10回繰り返す
両ひざはつま先より前に出ないようにする

 

大腰筋と腹筋を鍛える

1.仰向けに寝て両ひざを曲げ、両手は伸ばして手のひらは床につける
2.ひざをそろえたまま、ゆっくり足を上げて5秒静止、ゆっくり下ろす
3.10~20回繰り返す

 

大腰筋と腹筋を鍛える

1.床に座り、ひざを立て、両手は後ろにつく
2.胸とひざを引き寄せるように両足を上げる
3.10~20回繰り返す

 

大腰筋鍛え、骨盤のゆがみを矯正

1.足をそろえてまっすぐ立つ
2.背筋を伸ばしたまま、右足を大きく踏み出し体重をのせ、
右ひざが90度、左足が伸びたの状態で5秒静止
3.踏み出した足のかかとで床をけるように元に戻る
3.左右、10~20回繰り返す
ひざや腰が弱い人は注意しましょう。

スポンサーリンク