内臓脂肪 減らす 食事

 
スポンサーリンク

内臓脂肪を減らすために気をつけたい食事

内臓脂肪を減らすためには適度な運動を行い脂肪の燃焼を行うことと、
脂肪を溜め込まない食事に切り替えることです。
単品ダイエットや偏った食事のダイエットは瞬間的に体重が減るかもしれませんが、
痩せにくくなり、リバウンドしやすくなってしまいます。
また極端なダイエットは体に支障をきたすこともあります。

 

基本は1日3食バランス良く食事をとるように心がけましょう。

 

 

食事の脂肪分はほどほどにカットする

脂肪を完全にカットしてしまうことは体にとって良くありません。
できる範囲で脂肪をカットしましょう。

 

  • 肉の脂身は取り除いて食べる、または調理する
  • 食物繊維の摂取を心がける
  • 甘いものはなるべく控える
  • 油で揚げたお菓子は控える
  • アルコールはほどほどに
  • 食後にお茶を飲む

 

食物繊維やお茶はコレステロールや脂肪の吸収を阻害する働きがあり、
内臓脂肪は解消しやすくなります。

 

 

体内でコレステロールや中性脂肪の増殖を防ぐ

コレステロールや中性脂肪は体の中っで合成し増えていく要素があります。
肝臓がコレステロールを合成していくのです。
そこで肝臓でコレステロールを合成させないようにすれば良いのです。

 

肝臓でのコレステロールの合成は大半は夜間に行われます。
できることなら夜の食事の量は少なめにしましょう。
夜食は厳禁。
理想は朝:昼:夜の食事バランスは5:3:2。
これはあくまでも理想なので、次のことに注意しましょう。

 

  • 夜8時までに食事をとる
  • 夜は甘いものを食べない
  • 食後、散歩や運動を行う
  • 夜食は良くかんで食べる
  • 食物繊維は多めにとる
  • 早めに寝る。理想は夜10時、遅くともその日のうちに寝る

 

よくかんで食べると満腹中枢が働き、食べすぎを防止してくれます。
またよく噛むことで唾液がたくさん出て、唾液に含まれるパクチンが代謝を改善してくれます。
そして重要なことは早めに寝ること。
これを行うと脂肪の代謝が促されるからです。

 

 

体内の脂肪を排出させる

溜まってしまった脂肪はどうすれば減らせるのでしょうか?
まずは運動で脂肪を燃焼させるのが一番。

 

また食物繊維を多くとることで摂取した脂肪ををからめとりそのまま体外に排出させます。
さらに食物繊維は体内のコレステロールの使用量を増やしてくれ、
結果、内臓脂肪の増加を防ぐことができます。
積極的に野菜や海藻類を摂取するようにしましょう。

 

 

お茶が脂肪の吸収を阻害する

お茶の作用
  1. 町内環境を良くする
  2. 血圧を一定に保つ
  3. 口臭を抑制する
  4. 虫歯を予防する
  5. 胃潰瘍の改善や予防
  6. ウイルス感染を予防する
  7. 抗アレルギー作用
  8. 活性酸素を抑える
  9. ガンの発生を抑制する
  10. 中性脂肪の分解作用
  11. 脂肪の吸収抑制作用
  12. コレステロールの上昇を抑える

 

特に脂肪に関する働きは大きなものがあります。
お茶をよく飲むというのは余計な脂肪の排泄効果が期待できます。

スポンサーリンク