体脂肪率 平均値

 
スポンサーリンク

性別・年齢別の体脂肪の平均

年齢や性別により体脂肪の平均は違います。
あなたの体脂肪は平均以上?以下?

 

 

男性の体脂肪

年齢 低い 標準- 標準+ 軽肥満 肥満
12歳 ~6% 7~15% 16~24% 25~29% 30%~
18~39歳 ~10% 11~16% 17~21% 22~26% 27%~
40~59歳 ~11% 12~17% 18~22% 23~27% 28%~
60歳~ ~13% 14~19% 20~24% 25~29% 30%~

 

 

女性の体脂肪

年齢 低い 標準- 標準+ 軽肥満 肥満
12歳 ~13% 14~22% 23~31% 32~35% 36%~
18~39歳 ~20% 21~27% 28~34% 35~39% 40%~
40~59歳 ~21% 22~28% 29~35% 36~40% 41%~
60歳~ ~22% 23~29% 30~36% 37~41% 42%~

 

 

年齢とともに、平均の体脂肪も上がる傾向にあります。

 

体脂肪は見た目では分からないこともあります。
ほっそりした人でも、骨や筋肉の量が少なければ、体脂肪が高くなりますし、
逆に太って見える人でも、スポーツなどで筋肉がある場合体脂肪が低くなることもあります。

 

 

体脂肪率は低すぎても、高すぎても健康によくあります。
標準-や標準+超えた場合は、標準に戻すよう心がけましょう。
年齢と共に基礎代謝量が下がり、体脂肪は落ちにくくなりますので、
日頃の食生活のコントロール、運動に心がけましょう。

 

 

体脂肪の測定方法

家庭でも手軽に測れる体脂肪測定器を使うといいでしょう。
低価格で体重計のように上に乗って測るタイプや両手で握って測るタイプなどがあります。

 

タニタやオムロンなどから発売されている体脂肪計が人気です。

 

メーカー、機種、時間帯により体脂肪率が変動することがありますので、
目安としてとらえ、毎日時間を決めて測定しましょう。
体脂肪計があると自分の体脂肪率を管理しやすくなり体脂肪率減少、
ダイエットの維持にも役立ちます。

 

 

体重と体脂肪の関係

スポーツする人とあまり運動をしない人とでは、たとえ身長と体重が同じであっても、
体重に占める筋肉の比率と体脂肪の比率とが異なります。
ダイエットしたいなら単純に体重の増減だけでなく、体脂肪のチェックが大切。

 

肥満度を測るには体脂肪率とBMIがあります。

 

 

体脂肪率が標準でないと

体脂肪率が高いとさまざまな病気を引き起こします。
肥満は、糖尿病、高血圧、胆石症、痛風、心臓病などのリスクを高くします。

 

逆に、体脂肪率が極端に低い(男性5%未満、女性15%未満)場合も
弊害が出てることがあります。
女性の場合は体脂肪率が低いと生理不順などを起こすことがあります。
また男女共通で風邪や感染症になりやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク