皮下脂肪 減らす

 
スポンサーリンク

皮下脂肪を減らす方法

皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分につく脂肪。
体を外界との温度差から守る、ぶつかったときなどの衝撃を吸収する、
生命維持に必要なエネルギー源となるなどの働きがあります。
皮膚のすぐ下にある脂肪で、一度たまると落ちにくいのが特徴で、
男性よりも女性につきやすいもの。
皮下脂肪は、備蓄エネルギー用のため、燃焼しにくいのが欠点。

 

皮下脂肪型肥満は内臓脂肪型肥満と比べて生活週間病などの原因にはなりにくいですが、
外見上、肥満が目立ち、また皮下脂肪の付き過ぎは体に負担をかけるので
決して良いわけではありません。

 

また、皮下脂肪が蓄積されて代謝されないままでいると、
セルライトが出来やすくなるので注意が必要です。

 

 

皮下脂肪の厚さで肥満度チェック

皮下脂肪は体の表面に近い部分にあるつまめる脂肪なので、
つまんだ部分の厚さを測ることによって肥満度を確かめることもできます。
正確ではありませんが、およその肥満度は分かります。

 

皮下脂肪を指でつまんで厚さを計り以下の値より大きければ、ちょっと深刻と言えるでしょう。

 

  • おなか 40mm以上
  • 二の腕 15mm以上
  • 太もも 16mm以上

 

 

皮下脂肪の減らし方

内臓脂肪に比べれば代謝しにくい皮下脂肪も、
運動と食事制限を続けることによって燃焼させることは可能です。

 

運動は有酸素運動と筋力トレーニングを平行して行うことがよいでしょう。
有酸素運動は脂肪を直接、燃焼させますし、
筋力トレーニングは基礎代謝量を上げる効果もあります。

 

有酸素運動

息を切らさずにしっかり呼吸できる程度の強さで、
全身の筋肉をゆっくり動かし続けられるような運動。
脂肪は燃えるときに大量の酸素を使うため、体脂肪を燃焼させるには、
体内に絶え間なく酸素をたっぷり、取り込める運動が最適です。

 

具体的な有酸素運動の例として、ウオーキング(速歩)、
ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

 

筋力トレーニング

筋肉を強化すれば、基礎代謝量が上がり、結果、体脂肪を下げることになります。
筋肉をつけるための運動は、
「毎日数回、わずかな時間だけ、筋肉に少し軽い負荷をかける運動をゆっくり行う」ような運動です。
静的運動やダンベル体操などもいいでしょう。

 

 

部分やせは難しい

皮下脂肪は多いところから減っていきますので、部分的に減らすことは難しいでしょう。
ただ、皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあり、外からの力も加えやすいので、
マッサージと運動を組み合わせて行うことで多少の効果が期待できるでしょう。

 

 

脂肪を燃焼させているとバストのほとんどは脂肪組織ですから、小さくなりがち。
そんなときは、小さくなりすぎないように、またもう少しバストを豊かにしたい場合も
バストの土台ともいえる大胸筋をトレーニングしましょう。
女性はホルモンの関係で男性に比べて筋肉がつきにくいのですが、
時間をかけてやってみましょう。

スポンサーリンク