皮下脂肪 漢方

 
スポンサーリンク

漢方で落とせる皮下脂肪

漢方で皮下脂肪を落とすことができます。
皮下脂肪を落とす漢方にはどのようなものがあるでしょうか?
はたして漢方でどの程度、皮下脂肪を減らせるでしょうか?

 

 

漢方薬の皮下脂肪を落とす効果

漢方薬で皮下脂肪を落とすことは可能ですが、
漢方だけで皮下脂肪を落とす効果を期待してしまうのは早急です。
食生活の改善や運動を基本に漢方をうまく取り入れるのがよいでしょう。

 

漢方薬の成分は、期待する効果によってさまざま、
また歴史も古く、科学的にも実証されている部分の多いです。
漢方は、自然の植物を合理的に使用するという発想に基づいていますので、
副作用も少ないですが、
逆効果になる場合もありますので使用には充分注意しましょう。

 

漢方薬で皮下脂肪を落とすというのは、基本的には便通を促し、
体内の不用物質を効果的に廃除し、新陳代謝を活発化させ、
脂肪を燃焼させようとします。

 

漢方薬で皮下脂肪を落とそうとした場合、女性の方が効果が出やすいという結果も出ています。
特に便通に不調が多い女性により効果が出やすいようです。
ただし下痢がひどくなったり、体調がすぐれないようであれば、様子をみましょう。

 

男性でも便通の少ない人には、皮下脂肪燃焼など効果はあるでしょう。

 

 

漢方薬局なら、専門家に前もって相談してから購入できます。
通常の薬局で自分の判断で購入する場合は十分知識を深めてから購入する方がよいでしょう。

 

 

タイプ別漢方

生活が不規則になりがち お腹を中心に全体的に太っている人

イライラしがち、情緒が不安定、夜、寝付きが悪いことがある、
生理前に胸が張ることがある、生理前にイライラが強くなる、
自律神経失調症や更年期障害かもしれないと思うこともあるなどの症状がある方。
生活のリズムが不規則だったり、仕事が忙しい、生活環境に悩みがあるなど、
何らかのストレスを抱えている人に多く見られるタイプ。

 

体が張ったり膨らんだように太ったり、むくみが起きたり、
また、精神的にムラがあるのもこのタイプの特徴。
過激なダイエットで食べることを我慢することがストレスとなって、
余計に気の流れを悪くしてしまうという悪循環を起こしてしまいます。
拒食、過食で体重の増減が激しいことも特徴です。

 

こんなタイプの人におすすめの生薬は柴胡(さいこ)で
気を巡らせてストレスを発散させる働きがあります。

 

柴胡(さいこ)が含まれる漢方は逍遥丸(しょうようがん)
自律神経やホルモンバランスを整えて、イライラを鎮めてくれる。生理不順にも効果アリ。
月経前緊張症候群(月経前にイライラ、怒りっぽい、頭痛、肩こり、
乳房が張って痛いなど)月経不順、不妊症、更年期障害、自律神経失調症など。
成分:薄荷・柴胡・白芍・当帰・白朮・茯苓・甘草・生姜

 

 

体重が多く体脂肪率も高い 全体的に太っている人

汗かき、口臭が強い、体臭が気になる、赤いにきびが出る、
暑いのが絶えられない、興奮しやすいなどの症状がある方。
冷たいもの、油っこいもの、甘いものが大好きなタイプ。
冷たいものを欲しがったり、食欲が熱により興奮しやすくなり、ニセの食欲となります。
基礎代謝が低いので、体内に余分な水分が溜まりやすく、ますます湿熱を助長します。
お酒や甘いものを我慢しても、湿が溜まりやすくなっているので、さらに太りやすくなっています。

 

こんなタイプの人におすすめの生薬はおうごんで
胃と皮膚の熱をとり、スッキリさせる働きがあります。
おうごんが含まれる漢方は瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)など。

 

 

食事の量を減らしても効果がない 背中や腕などの上半身を中心に太い

肩こり、頭痛が絶えない、肌がくすむ、シミ、ソバカスが気になる、
傷跡やあざが残りやすい、生理痛が強い、子宮筋腫や内膜症になりやすいなどの症状がある方。
コレステロールや中性脂肪などの血中脂肪が多く、
それが原因で見ため以上に体重が多くなっています。
冷えやすくなったり、ホルモンバランスをみだすことにもつながります。

 

女性ホルモンは脂肪代謝に影響をもちますから、
ホルモンバランスの乱れによって太りやすい体質になってしまいます。
若い頃の体質を改善しないまま、30代になって太り出すということもあります。
血中脂肪の高いこのタイプは、高血圧や高脂血症などの生活習慣病につながったり
婦人科トラブルを抱えることも多いのです。

 

こんなタイプの人におすすめの生薬は丹参(たんじん)で
血液をサラサラにする効果があり、血を体の隅々までスムーズに流してくれます。

 

丹参(たんじん)が含まれる漢方は冠元顆粒(かんげんかりゅう)
頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸など、血行不良による諸症状の改善に適用されます。
血をキレイにして流れを良くするために作られた漢方薬。
成分:丹参、川キュウ、芍薬、紅花、木香、香附子

 

 

体重の割に体脂肪が多い 上半身は痩せているのに下半身が太っている人

疲れやすい、集中力が持続しない、風邪を引きやすい、
朝、寝起きが悪い、食後に眠くなる、疲れた時に足がむくみがち、
胃腸が弱いなどの症状がある方。

 

ダイエット願望が強く、あまり食べない人に多く見られるタイプ。
食べないので、疲れやすく、体力も気力も筋力もつきません。
筋力不足のため根本的な新陳代謝が低下し、体脂肪がなかなか燃焼できず、
摂取したカロリーがそのまま体脂肪となってしまうため、
あまり食べなくても太りやすい体質になっているのです。

 

おしりが下がって、下腹が出てしまうのも筋力がないせい。
締りがなく、体のラインを支えられなくなっているのです。
このタイプは、脂肪が霜降り状についてしまいますから、
年齢を重ねるにつれたるみが目立つようになってしまいます。

 

こんなタイプの人におすすめの生薬やハーブは党帰(とうじん)で
消化機能低下を改善。胃下垂状態の改善や疲労回復などに効果的。

 

党帰(とうじん)が含まれる漢方は補中益気丸(ほちゅうえっきがん)
胃腸の弱い方や元気のない方は気を補い土台を作ります。
胃腸の働きを整えてくれる。体に元気を与えてくれる働きも。
虚弱体質、腺病質、貧血、夏痩せ、胃弱、病中病後の体力回復、
痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの、
あるいは頭痛、悪寒、発汗を伴う方の、エネルギーを補い土台を作ります。

スポンサーリンク