体脂肪 燃焼効率 上げる

 
スポンサーリンク

体脂肪の燃焼効率を上げたい!

運動をするとき、どの程度、体脂肪が燃焼しているのかは目に見えませんし、
ただやみくもに運動していても、体脂肪の燃焼効率を上げることはできません。

 

 

脂肪燃焼率

運動などで脂肪が燃焼される割合。
例えば、運動で100kcal分、動いたとして、脂肪が50kcal分消費したとすれば、
脂肪燃焼率は50%となります。
脂肪燃焼率は激しい運動をすれば、高くなるというわけではありません。

 

 

体脂肪の燃焼効率を上げるために

激しい運動時には体の糖質が燃え、
ゆっくり運動している時には体の脂肪が燃焼しやすくなります。
つまりゆっくり運動する有酸素運動が脂肪燃焼率が高いということになります。

 

私たちの体のあらゆる活動を支えるエネルギー源は糖や脂肪です。
この脂肪が原料として使われる場合には、必ず酸素が必要となります。
脂肪は燃えるときに大量の酸素を使うため、体脂肪を燃焼させるには、
体内に絶え間なく酸素をたっぷり、取り込める運動が最適です。

 

運動開始時は筋肉中のエネルギーが使われますが、
一定時間が経過すると脂肪がエネルギーとして使われるようになります。
目安は20分経過後。
気をつけたいのは、運動が激しくなりすぎること。

 

激しく動けばそれだけ脂肪もたくさん燃焼するだろうと考えがちですが、
運動強度が一定限度を越えて高くなるとエネルギー効率が脂肪よりも良い糖が使われてしまい
脂肪の消費率は減ってしまいます。

 

どの程度の運動が適正かは、人によって違い、心拍数によって判断します。
細かく計算する方法もありますが、成人の人であれば、簡単に
180-年齢
でおよその有酸素運動時の心拍数が求められます。
脈拍が上がりすぎると酸素の摂取率が悪くなり、脂肪の燃焼効率が悪くなるのです。
ポータブルな心拍計があると便利。

 

具体的な有酸素運動の例として、ウオーキング(速歩)、
ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

 

 

脂肪燃焼を促進するサプリメント

アミノ酸
L-カルニチン
αリポ酸
カプサイシン

 

などを運動前に摂取するとより脂肪を燃焼します。

 

 

脂肪燃焼率を計測する方法

キャットアイの心拍計は脂肪燃焼率や消費カロリーも表示してくれるので、
運動の目安としてとっても便利です。
積算時間(トレーニング)・最大心拍数・平均心拍数・消費カロリー・
脂肪燃焼率・目標心拍数ゾーン内の時間・目標心拍数ゾーンを上回った時間・
目標心拍数ゾーンを下回った時間が表示されます。

スポンサーリンク