下半身太りの原因

 
スポンサーリンク

なぜ下半身が太る!?

細くなりたいとダイエットに励んだのに、下半身はより太くなり、
減って欲しくない胸のお肉ばかり落ちてしまうという経験をしたことはありませんか?
下半身太りの原因を正しく理解して、正しい対策をしましょう。

 

 

下半身は上半身より脂肪をためやすい

体内には脂肪の貯蔵と放出をコントロールするレセプターという受容体があります。
脂肪を蓄えるレセプターが、体のどの部分よりも下半身には多く存在します。

 

下半身には脂肪を放出するレセプターが1個に対し、
脂肪を貯蔵するレセプターは6個もあると言われています。
上半身はまったく逆です。
つまり下半身は上半身に比べて6倍も脂肪をため込みやすくなっているのです。

 

太ももや足の下半身をスリムにしたいと思っているのに、
逆に下半身デブになりやすいのは、このためです。

 

 

セルライトの存在

さらに、女性の下半身太りの大きな原因となっているのが「セルライト」の存在。
セルライトとは、太ももやお尻まわりの皮下脂肪組織がスポンジのように
どんどん脂肪、水分、老廃物などをため込み、肥大してしまう状態です。
セルライトは、そのほとんどが脂肪ですが、普通の脂肪組織ではありません。
ダメージを受けてしまった脂肪組織なのです。
皮膚のすぐ下の脂肪組織に形成されるため、やせている人にもセルライトは見られます。
女性は下半身に皮下脂肪をため込みやすいため、
セルライトも下半身に発生しやすくなり、下半身太りになります。

 

 

セルライトができやすい生活

スナック菓子や甘いものばかり食べる、過度に飲酒するなど、
食生活の乱れは、脂肪の蓄積をもたらします。
また海藻やフルーツを食べず、味の濃いもの、加工食品などを多食すると、
カリウムとナトリウムのバランスが崩れ、たんぱく質が不足して、組織内に水分が停滞します。

 

また悪い姿勢だったり、正座や脚を組んで座っていると、
静脈やリンパ管を圧迫して下半身の水分の停滞をまねきます。
さらに便秘、喫煙、カフェインの過剰摂取、運動不足なども
セルライトを引き起こす原因になります。

 

 

足のむくみ

足のむくみ、いわゆる「水太り」です。多くの女性の悩みです。
女性は男性に比べて筋肉がないのでリンパの流れが悪く、むくみやすいのが特徴。
むくむと何もしてないのに足がだるくなったりします。

 

太ももを押すと白くなって元に戻りにくい場合は「水太り」つまり「むくみ」が原因考えられます。
足のむくみの原因は、疲れや冷えからくる血行不良が原因となっている「老廃物」。

 

足のむくみの原因となっている「老廃物」、「毒素」を排出することが、足痩せにつながります。

スポンサーリンク