体脂肪計 精度

 
スポンサーリンク

体脂肪計の精度はどの程度!?

家庭で使う体脂肪計の値と病院で測定する値が違うこともあるのでは!?
誤差はあるのでしょうか?
誤差があるとすればどの程度?
どんな状況で体脂肪計を使用すれば実測に近づくでしょうか?
体脂肪計の精度について理解しましょう。

 

 

体脂肪計の原理

一般家庭用の体脂肪計は「生体インピーダンス測定法」という方法を使っています。
原理は、脂肪が多い体は電気が流れにくく、脂肪が少ないと電気が流れやすいという性質を
利用したものです。
体に微弱な電気を流して、どれくらい流れるかを測定しています。

 

脂肪を直接測定しているのではなく、電気の流れ方を測定して脂肪の量を推量していること。
電気の流れやすさは、脂肪の量だけで決まりません。
体脂肪の値はその時の体調によって変化しますし、
飲食、入浴や運動後も大きな影響を与えます。
例えば、入浴直後や運動して汗をかいた後は濡れていますので、
電気が通りやすくなり、体脂肪値は低く計測されます。

 

 

体脂肪計の精度

病院のCTスキャンなら、より正確に体脂肪を測定することができます。
家庭の体脂肪計は、若干の誤差はあります。
しかし、毎日測定して記録していれば、その平均値が実際の数値に近いと考えてよいでしょう。

 

体脂肪を測定するときは、できるだけ同じ条件で計ることが大切です。
入浴後の就寝前に同じ条件で計測する事が推奨されています。

スポンサーリンク