不定愁訴とは

不定愁訴とは

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは

不定愁訴とは、体のどこが悪いのかはっきりせず、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないもの。

 

倦怠感、頭痛、腹痛などのさまざまな身体的な自覚症状があるにもかかわらず、
血圧や心電図、血液検査などをしても検査上の数値には異常がなく、
明らかな原因となる異常が見つからない場合、不定愁訴と診断されることがあります。
患者の主観による症状の訴えは強いが、客観的な診断が難しいとされています。

 

 

例えば全身倦怠、疲労感、微熱感、頭重、頭痛、のぼせ、耳鳴り、しびれ感、動悸、四肢冷感などや自律神経失調症や更年期障害、心身症の症状として現れることが多いです。
不定愁訴は、症状が多様で一定しないなど症状がめまぐるしく変わるのが特徴です。

 

 

主な症状

  • 倦怠感、疲れやすい、突然のほてり・のぼせ、動悸、大汗をかく、皮膚のかゆみなど
  • 感覚器:耳鳴り、嗅覚の異常、味覚の異常、物が二重に見える、唾液分泌の異常、口内乾燥、眼球乾燥など
  • 消化器:食欲不振、胃痛、胃もたれ、頻尿、便秘、下痢など
  • 運動器:首や肩・背中のコリ、手足のしびれ、手足の冷えなど
  • 泌尿器・生殖器:残尿感、頻尿、血尿、月経異常、性欲低下、性交痛など

他に頭痛、頭重、めまい、息切れ、イライラが続く、不安感が続く、不眠症、ノドの異物感など
の症状が現れることがあります。

 

不定愁訴は、症状が一定せず、日によってまたは1日の内に何度も症状が変化するなど、症状の出方に波があります。

 
トップへ戻る