仮面うつ病とは

仮面うつ病とは

 

仮面うつ病とは

仮面うつ病とは、うつ病でもはっきりした精神症状が出ず、
体の症状という仮面をかぶって様々な症状がでるもの。

 

うつ病で特徴的な症状である憂鬱な気分などが見られず、
身体の不調の症状のほうがが前面に出てくるので、
「体の病気」という「仮面」をつけたうつ病ということで「仮面うつ病」と呼ばれます。
体の不調の背後で心理的なうつ状態やうつ病が手綱を引いているという病状です。

 

頭痛、肩こり、月経不順、便秘、食欲不振などの症状が現れたり、
夜中に目が覚めてしまうのも特徴的な症状だといわれています。
更年期障害と間違えやすい病気の一つで、早い時期に適切な治療を受けましょう。

 

 

仮面うつ病の主な症状

  • 休んだり寝たりしても疲れが抜けない
  • 眩暈・立ちくらみ
  • 頭が重い感じや頭痛がする
  • 肩・首・背中がこる
  • 胃が重い
  • 動悸がする
  • 痩せてきた

 

 

かかりやすい性格

几帳面、義理堅い、生真面目、根性主義、強い責任感、凝り性、完璧癖などの人は、
うつ病に陥りやすいです。

 

 

対策

うつ病の症状を自覚していないと、気づかないまま病気が進行してしまいます。
自分自身または周りの誰かが、「もしかして心理的病気なのかも…?」と思い、
心療内科や精神科を受診すればうつ病と分かり、そこで適切な治療を受けることができます。
適切な治療をしましょう。

 

もし、原因不明の身体の不調に悩まされているなら、一度ぜひ心療内科や精神科を受診してみましょう。

 
トップへ戻る