内分泌検査とは

内分泌検査とは

 

内分泌検査とは

内分泌検査とは、内分泌機能の状態を把握するために、
尿中や血液のホルモンやその代謝産物を測定する検査。
卵胞刺激ホルモン量とエストロゲン値を測定することで、ホルモンの状態が分かります。

 

更年期障害も、この内分泌検査を行い血液中のエストロゲンの低下と卵胞刺激ホルモンFSHの上昇を調べることで診断されます。
治療には、低下した女性ホルモンを補充する「ホルモン補充療法HRT」が効果的。

 

更年期かなと思ったら、婦人科で検査することができます。

 
トップへ戻る