若年性更年期とは

若年性更年期とは

 

若年性更年期とは

若年性更年期は、20〜30代の若い世代で更年期のような症状が現れること。

 

若年性更年期障害であると気付かなかったり、自覚症状を感じていても、放置しておくと、
月経が止まったり、不妊症になりやすいなどさまざまな弊害を引き起こす可能性があります。

 

 

通常の更年期は、卵巣機能が衰えることで女性ホルモンが減少する。
一方、若年性更年期は、卵巣に異常がないが、一時的に女性ホルモンの分泌が減少する。
卵巣自体の機能低下ではなく、ストレスなどによりホルモンバランスが崩れる場合が多く、
30代での早期閉経の割合は少ない。

 

 

若年性更年期の症状

若年性更年期障害の症状は、生理が不順になったり、手足の冷え、ほてり、頭痛、耳鳴り、イライラ感、うつなど閉経前後に起こりがちな一般的な更年期障害の症状と変わらず、同じような症状が若年性更年期障害でも見られます。

 

主な症状

  • 生理不順が続く
  • 手足が冷える
  • 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などがある
  • 肩こり、腰痛、手足のしびれや痛みがある
  • 身体がだるく、疲れやすい
  • 動悸・息切れがある
  • イライラして、怒りやすい
  • 顔が火照る
  • 寝つきが悪く、眠りが浅い
  • 汗をかきやすい

 

 

若年性更年期の原因

若年性更年期の原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることで、自律神経の働きが乱れ、
更年期と同じような症状が現れる考えられている。
女性ホルモンの分泌の乱れは、過度のストレスや不規則な生活などにより起こりやすくなります。

 

若年性更年期となる対象は20代、30代の比較的若い年代で、
この年代の人は仕事やプライベートなどで無理をしがち。
さまざまな面でストレスも溜め込みやすい生活習慣になっている人も多く、
肉体的・精神的な過度の負担も影響していると思われます。

 

 

若年性更年期の予防と治療

若年性更年期の改善や予防に重要となるのが、十分な睡眠時間を取ることやストレスを過剰に溜め込まないなど、精神的・肉体的にリラックスさせること。

 

更年期障害と似たような症状を自覚しているなら婦人科などの病院で診療を受けるとよいでしょう。

 
トップへ戻る