早期閉経とは

 
Sponsored Link

早期閉経とは、43歳未満で卵巣機能が衰え、閉経と同じような状態になること。
早発閉経とも呼びます。

 

卵巣の中には将来排卵すべき卵子が存在するはずなのですが、
その卵子がなくなってしまったり、卵子の発育が阻害されて卵巣が機能しない状態。

 

更年期と同じように、卵胞刺激ホルモンの割合が高くなるため、
血中のホルモン濃度を測って測定します。

 

早発閉経と診断されると卵巣機能不全として治療の対象となります。

 

 

早期閉経の症状

月経がなくなると女性ホルモンの分泌もなくなります。
女性ホルモンが欠落すると更年期障害のような症状が現れます。

 

具体的には、自律神経調整機能の変化に伴い、ほてり・のぼせ・多汗や、頻脈、息切れ、動悸、
めまい、血圧の変動、耳鳴り、下痢、便秘、尿失禁、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、
微熱、皮膚の乾燥、かゆみ、疲労感などの症状が現れます。

 

また、精神的症状として情緒不安定、不眠、イライラ、不安感、あせり、抑うつ感などが起こります。

 

早期閉経になると妊娠することが難しくなりますが、
可能性が無いわけではないので早めに専門医に相談しましょう。

 

 

早期閉経の原因

遺伝的なもの、自己免疫異常によるもの、卵巣の手術や放射線治療、化学療法による卵巣機能低下などが原因として考えられています。

 

また早発閉経の人は、リウマチや甲状腺機能低下症など自己免疫疾患を併発していることが多いようです。

 

 

早期閉経の予防と治療

予防策としては、正常な時期に正常な変化が訪れるように、心身のバランスを整えることです。
早期閉経の治療は、妊娠をしたい人と妊娠を希望しない人とで違ってきます。

 

妊娠を希望する場合

妊娠を希望する場合の治療法は、主にホルモン療法を行います。
ゴナドトロピンを正常化して排卵誘発剤によって排卵を促す治療法。

 

自己免疫疾患であるリウマチなどが関与している場合は、
プレドニゾロンというステロイド系抗炎症薬を使い排卵を試みます。

 

妊娠を希望しない場合

妊娠を希望しない場合は、骨粗しょう症など更年期症状を予防するため
エストロゲン・プロゲステロンなどのホルモンを補充する治療などが行われます。

Sponsored Link

 

関連ページ

女性ホルモンとは
女性ホルモンは、女性の美と健康を守る大切なホルモン。女性ホルモンの働き・特徴などについて分かりやすく解説しています。
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法は、更年期によって減少する卵巣ホルモンを補い、更年期の症状を軽くしようという治療法。
不定愁訴とは
不定愁訴とは、体のどこが悪いのかはっきりせず、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないこと。
スーパーウーマンシンドロームとは
何事も完璧を強く自覚する反動でおこるストレス症状。キャリアウーマンに多いストレス症候群。
仮面うつ病とは
うつ病でもはっきりした精神症状が出ず、体の症状という仮面をかぶって様々な症状がでること。
女性専用外来とは
女性の体や心のトラブルについて女性の医師が診察してくれる病院。
簡略更年期指数とは
更年期症状の有無や程度を把握する指数。簡単に更年期の不調をチェックできます。
内分泌検査とは
内分泌機能の状態を把握するために尿中や血液のホルモンやその代謝産物を測定する検査。
月経前症候群とは
更年期障害を改善するためにも基本的な用語を理解しましょう。更年期に関連する用語を分かりやすく解説しています。
若年性更年期とは
20〜30代の若い世代で更年期のような症状が現れること。
月経困難症とは
日常生活に支障をきたすほどの生理痛。
ホットフラッシュとは
暑くもないのに突然、顔や上半身がカーッと熱くなったり、 汗が噴き出す、のぼせる、ほてるなどの症状。
エストロゲンとは
女性ホルモンのひとつ。卵胞ホルモンとも呼ばれ更年期に大きく関わっています。
プロゲステロンとは
卵巣から卵子が放出されたあと卵巣から分泌される女性ホルモンの一つ。
骨粗しょう症とは
骨量が減少して骨組織の構造がもろくなり、骨折しやすくなった状態。