早期閉経とは

早期閉経とは

 

早期閉経とは、43歳未満で卵巣機能が衰え、閉経と同じような状態になること。
早発閉経とも呼びます。

 

卵巣の中には将来排卵すべき卵子が存在するはずなのですが、
その卵子がなくなってしまったり、卵子の発育が阻害されて卵巣が機能しない状態。

 

更年期と同じように、卵胞刺激ホルモンの割合が高くなるため、
血中のホルモン濃度を測って測定します。

 

早発閉経と診断されると卵巣機能不全として治療の対象となります。

 

 

早期閉経の症状

月経がなくなると女性ホルモンの分泌もなくなります。
女性ホルモンが欠落すると更年期障害のような症状が現れます。

 

具体的には、自律神経調整機能の変化に伴い、ほてり・のぼせ・多汗や、頻脈、息切れ、動悸、
めまい、血圧の変動、耳鳴り、下痢、便秘、尿失禁、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、
微熱、皮膚の乾燥、かゆみ、疲労感などの症状が現れます。

 

また、精神的症状として情緒不安定、不眠、イライラ、不安感、あせり、抑うつ感などが起こります。

 

早期閉経になると妊娠することが難しくなりますが、
可能性が無いわけではないので早めに専門医に相談しましょう。

 

 

早期閉経の原因

遺伝的なもの、自己免疫異常によるもの、卵巣の手術や放射線治療、化学療法による卵巣機能低下などが原因として考えられています。

 

また早発閉経の人は、リウマチや甲状腺機能低下症など自己免疫疾患を併発していることが多いようです。

 

 

早期閉経の予防と治療

予防策としては、正常な時期に正常な変化が訪れるように、心身のバランスを整えることです。
早期閉経の治療は、妊娠をしたい人と妊娠を希望しない人とで違ってきます。

 

妊娠を希望する場合

妊娠を希望する場合の治療法は、主にホルモン療法を行います。
ゴナドトロピンを正常化して排卵誘発剤によって排卵を促す治療法。

 

自己免疫疾患であるリウマチなどが関与している場合は、
プレドニゾロンというステロイド系抗炎症薬を使い排卵を試みます。

 

妊娠を希望しない場合

妊娠を希望しない場合は、骨粗しょう症など更年期症状を予防するため
エストロゲン・プロゲステロンなどのホルモンを補充する治療などが行われます。

 
トップへ戻る