ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは

 

ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは、暑くもないのに突然、顔や上半身がカーッと熱くなったり、汗が噴き出す、のぼせる、ほてるなどの症状。

 

更年期障害で最も多く典型的な症状。
体内がカーッと熱くなるところから英語でホットフラッシュと呼びます。

 

この症状は男性も女性も起こりますが、圧倒的に40代と50代の女性、つまり更年期前から更年期中の女性に多い。

 

 

ホットフラッシュの症状

のぼせは、頭に血が上った様な状態ですが、ホットフラッシュの症状の現れ方は様々。
何の前触れもなく起きる人、毎日同じ時間に症状が出る人、仕事の時間になると出る人など。

 

ほてりは体がカーと火照ってしまい顔が紅潮し汗をかいたりします。
冬の寒い日でも突然暑くなって汗をかいてしまいます。
運動もしていないのに顔や体から汗が出てしまいます。

 

これは血管系の自律神経の乱れに起因します。
自律神経は血管を収縮・拡張させる作用があります。
特に上半身の血管を取り巻いている神経の興奮状態によって、のぼせ・ほてり・発汗などが起きます。
気にすれば気にする程、ほてりやのぼせ、発汗は止まらなくなってしまいます。

 

ホットフラッシュの原因

ホットフラッシュを引き起こす原因は、更年期障害だけではなく、自律神経の乱れが関連しているので年齢が若いからといってホットフラッシュの心配がないというわけではありません。

 

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することでホルモンバランスが崩れ、結果、自律神経のバランスが乱れて、体に異変が起こるのです。

 

ホットフラッシュの対策

自律神経の乱れが原因なのでリラックスできる方法を見つけられると症状は少し緩和されます。
とにかく無理に止めようとするとむしろ止まらなくなるので、できるだけ気にし過ぎないことが大切です。

 

また、体を温めると血液の循環がよくなり、自律神経のバランスが整っていきます。
体を温めるのに効果的なのが運動。

 

例えば、ウォーキングをすることは、血液の循環が良くなり、からだが温まっていきます。
また気分転換にもなり、ストレスに弱い自律神経のバランスを取るのにも有効。

 

寝るときは温かくして寝ることが効果的です。

 
トップへ戻る